新卒採用支援システムは選考状況の一覧表示や社内情報の一括公開が決め手

デジタル時代に新卒の興味を惹ける企業であること

優秀な新卒の採用は、現在売り手市場の日本において、企業側の努力や工夫を今まで以上に要求される重要業務でもあります。ただ、採用業務において重要な人材発掘や応募者選考よりも、その過程における情報の管理業務に多くの時間を取られる事は少なくありません。作業手間にばかり時間を取られ、吟味する時間が割かれてしまうのはあまりにも非効率的ですね。また、近年採用業務に求められるのは、単に採用情報を掲載するだけではなく、応募者を集めるために自社の魅力を強くアピールする広告業務です。SNS時代ですから、若い新卒者の興味を惹く情報を発信するためには、リアルタイム性のあるデジタルコンテンツの提供は欠かせません。従来は人事担当に求められる業務ではなかったかもしれませんが、これからの時代、真っ先に考え方をあらためるべき点でしょう。こうした幅広い採用業務を、従来の人事担当だけで完璧に行うことは、もはや不可能と言えます。

優秀な新卒採用支援システムの条件とは

近年多くの企業から注目されるようになったのが、採用支援システムです。特に新卒採用支援システムに求められるのは、単なる応募者情報の管理ではなく、発信出来る仕組みです。これから社会に出ようとする若者に会社の社風を伝えたり、魅力を伝えたりするためにはデジタルコンテンツは欠かせません。もはや応募者のデータの一元管理や選考状況の一覧表示などは当然のこととして、企業側の情報を一括公開出来るシステムが必要とされています。従来型にこだわる多くの企業は、選考状況の一覧表示などは表計算ソフトで十分と考えているようですが、新卒採用となると話は別。中途採用やアルバイト採用などとは違い、選考状況の確認は企業全体に関わる事ですから、他部門に渡る一覧表示機能などは必須でしょう。

社内情報をリアルタイムに一括公開

まだまだ若者である新卒者にとって、自分がこれから働く事を目指す先がどんな会社なのかが一番の関心事。現在の事業成績や将来の見通しもさることながら、その社風や雰囲気を知りたいという欲求が非常に強い特徴があります。売り手市場で楽々と優秀な新卒者を採用している企業の多くは、常に自社のそうした情報をうまくアピールするノウハウを持っています。この時代、新卒採用を成功させるのに必要なのは、単に応募者を管理する新卒採用支援システムではありません。写真や動画など自社の圧倒的な情報量を簡単に収集し、一括公開出来る採用補完ツールなのです。